王子整体院で再発しない健康なお身体へ

まだまだ寒い日が続きますね、王子整体院の小嶋です。
寒くなると内臓周辺の体温を逃さないようにする為に、血管が収縮して血圧が上がり易くなりますので、寒暖の差が激しい場所移動には注意してください。(暖かい部屋から寒い屋外に出る時など)

ではなぜ血管を収縮させるのかというと、熱を持った血液をいつものように全身に送ると、手足などを経由して血液が心臓に戻ってきた時には行きより(外気の影響で)冷めてしまってる可能性があります。
心臓などの臓器はある一定温度で効率よく働く為、温度が下がった血液が大量に戻ってくると臓器の働きに影響が出ます。
だから(脳が)体の末端にいく血液量を調整して内臓への影響を少なくしています。
 ↓
これが手足の冷え性の主な要因です。

でも冷えを感じる人とそうでない人がいるのはどうしてでしょう?

血管は様々な筋肉の間を通っている為、筋肉自身が隣接する血管を温めています。

「外気温度」vs「筋肉が温める力」

冷え性はどっちが勝つかで決まります

運動している人は各所にしっかりとした筋肉があり、歩くなどの動作をしていなくても筋肉の活動エネルギーで十分な温度を放出しています。
しかし、運動していない人は筋肉の活動エネルギーが低い為、温度を放出できず寒さとの戦いに劣勢になります。

運動している人は戻り側の血液温度の変化があまり無いので血管を収縮する必要が無いと判断します。
逆に運動をしていない人は、戻り側の血液温度が下がってるい為、末端に行く血管を収縮し、十分な熱を持った血液量が制限され、外気温に勝てずより冷えを感じていきます(それに筋肉自身の放出温度も少ないことも拍車を掛ける)

これで、なんとなく冷え性対策の答えは見えてきたのでは?
(外出しないは無しですよ(笑))

そう、定期的な運動です!

でもすんなり出来れば苦労してませんよね
自己流でやるには、しっかり(本などを読んで)勉強して効率よくやる必要があります

これが出来ないとだたの苦行で、3日坊主になります

本治療院には加圧トレーニングというコースがあります。
(加圧ベルトを巻いてトレーニングする)

加圧ベルトを巻くと、通常の巻かないトレーニングより効果があると言われています。(苦行の度合いが減ります)

ぜひ友達との話のネタにもなるので体験してはいかがでしょうか?
(ご相談ください)ブログ画像

東京都北区の王子整体院【創業27年で症例数NO.1】 PAGETOP